お知らせ

(1/21付)2021年度後期 国際文化学研究科の授業実施方法について

2022/01/21

国際文化学研究科の学生の皆さん

 

オミクロン株の感染拡大によりコロナウイルスの陽性者・濃厚接触者が急増し、兵庫県でも「蔓延防止等重点措置」を適用する方向に入りました。

 

研究科としては「可能な範囲で対面授業を実施する。コロナウイルス感染拡大防止の観点から遠隔授業も実施する」という方針に変更はありません。引き続き、感染予防に留意して受講してください。対面で受講することに不安がある場合は、個別に担当教員に申し出てください。

 

ただし、感染状況を考慮して、今後、個々の授業、期末試験、修士論文・修了研究レポートの口頭試問、コロキアム、博士論文審査等の実施方法が変更されることもありえます。変更がある場合はBEEF、メール等で通知されますので、講座、コース、担当教員からの連絡を見落とさないよう注意してください。

 

日常生活においても感染予防を心掛けてください。陽性が判明した、あるいは濃厚接触が疑われるという場合は、すみやかに教務学生係までメール、電話等で連絡してください。

 

令和4年1月21日

 

研究科長 西谷拓哉

このページの上部へ