ワークショップ

「中東欧・ロシアにおける帝国・宗教・ナショナリズム」

PDFでダウンロード

【日時】       2015年8月10日(月)13:30~17:30
【場所】       神戸大学大学院国際文化学研究科 A棟4階 中会議室(A403)
(JR六甲道から神戸市バス16系統「六甲ケーブル下」行きにのり、「神大国際文化学部前」下車

 

【報告者】
ポール・W・ワース「ロシア帝国とソ連:宗教政策と宗派制度における奇妙な連続性」
ネヴァダ大学(アメリカ) 教授 (At the Margins of Orthodoxy: Mission, Governance,  and Confessional Politics in Russia's Volga-Kama Region, 1827–1905 (Cornell University Press, 2002); The Tsar's Foreign Faiths: Toleration and the Fate of Religious Freedom in Imperial Russia (Oxford University Press, 2014))

オルガ・マスチャニツァ「19世紀リトアニアにおける宗教とナショナリズム」
リトアニア歴史学研究所 研究員 (”Женщина между сословной и этнической идентичностью: на примере женского образования в Северо-западном крае в 1830-1860-е годы,” Ab Imperio, 2012, nr. 3, p. 49-77.(身分と民族のアイデンティティの狭間の女性―1830年代から1860年代における北西部地域の女子教育を事例に))
*オルガ・マスチャニツァは、体調不良により参加ができなくなりました。当日は報告を代読いたします。

コンスタンティン・ヨルダッキ「戦間期における宗教、メシアニズム的ナショナリズム、ファシズム」
中央ヨーロッパ大学(ハンガリー) 教授 (Citizenship, Nation and State-Building: The Integration of Northern Dobrogea into Romania, 1878-1913 (Pittsburgh: University of Pittsburgh Press, 2002); Comparative Fascist Studies: New Perspectives (Routledge, 2009))

 

【討論者】
福嶋千穂 東京外国語大学 講師(「近世ルテニアの啓蒙・教育活動と宗派共同体:「正教スラヴ」ネットワークの中で」 橋本伸也編著『ロシア帝国の民族知識人:大学・学知・ネットワーク』昭和堂、2014年)

高尾千津子 東京医科歯科大学 教授(『ソ連農業集団化の原点-ソヴィエト体制とアメリカユダヤ人』彩流社、2006年)

【司会】
青島陽子

【言語】
英語

【概要】
中東欧からロシアにかけての地域は、両大戦前まで、広域支配を行う諸帝国の統治下にあり、そのもとで多種多様な社会集団がモザイク状に居住していた。そのため諸帝国の隣接する当地域は、宗教・宗派、法規範、国家観念、文語文化の伝統などの点で、強く境界地域としての性格に規定されていると言える。

近年の歴史研究では、こうした諸社会集団を統治する手段として、宗教・宗派が重要な機能を果たしていたことが明らかとなっている。一方で、宗教・宗派は拡大するナショナリズムの温床ともなった。第一次世界大戦のさなかに諸帝国権力が一斉に消失すると、当地では各種の新権力が勃興し、発生過程にある諸民族集団が時に激しい暴力を伴う交錯を繰り返した。そして、次第に第二次世界大戦の破壊的な渦に巻き込まれていくことになる。こうした帝国秩序とその消失、その後のナチスとソ連という巨大権力の軋轢という時代的変遷のなかで、宗教・宗派は、国家・諸社会集団の凝集性と摩擦の双方を生み出すのにどのような役割を果たしたのだろうか。

当ワークショップでは、近代から現代にかけての帝国統治の秩序とその変容・崩壊、新秩序への移行を宗教・宗派という観点から考える。海外から新進気鋭の研究者三名を招き、ロシア帝国・ソ連の統治体制、その支配下にあったリトアニアの事例、帝国崩壊後の東欧の変容を検討する。さらに討論者として国内から東方ユダヤ人の専門家とウクライナ・ユニエイトの専門家を加え、多角的に議論を行いたい。

【問い合わせ先】: 青島陽子 yaoshima[at]dolphin.kobe-u.ac.jp 
※[at]をアットマークに変えてください。
会場準備の関係上、ご出席を希望される場合、ご一報くださいますようお願いいたします。

【主催】:
国際文化学研究推進センター
「境界地域の歴史的経験の視点から構築する新しいヨーロッパ史概念」(日本学術振興会、「頭脳循環を加速する戦略的国際研究ネットワーク推進プログラム)
【共催】:
二十一世紀文化学術財団「ヨーロッパ東部諸民族の文化的・歴史的交流に関する社会史的分析」
「近代ロシア・ナショナリズムの形成―ロシア帝国西部地域諸民族との相互関係のなかで」(日本学術振興会、基盤研究(C))

 

Workshop: Empires, religions, and nationalisms in Central and Eastern Europe and Russia

[Date]   August 10, 2015 (Monday) 13:00-17:30
[Place]  Graduate School of Intercultural Studies, Kobe University
Building A - 4th floor – A403
[Access]  http://web.cla.kobe-u.ac.jp/access-en/

[Speakers]
Paul W Werth “The Russian Empire and the USSR: Curious Continuities in Religious Policy and Confessional Institutions”
Professor, The University of Nevada, USA
(At the Margins of Orthodoxy: Mission, Governance, and Confessional Politics in Russia's Volga-Kama Region, 1827–1905 (Cornell University Press, 2002); The Tsar's Foreign Faiths: Toleration and the Fate of Religious Freedom in Imperial Russia (Oxford University Press, 2014))

Olga Mastianica “Religion and Nationalism in Nineteenth-century Lithuania”
Research Fellow, The Lithuanian Institute of History, Lithuania
(”Женщина между сословной и этнической  идентичностью: на примере женского образования в Северо-западном крае в 1830-1860-е годы,” Ab Imperio, 2012, nr. 3, p. 49-77.)

Constantin Iordachi  “Religion, Messianic Nationalism and Fascism in Interwar Europe”
Professor, Central European University, Hungary
(Citizenship, Nation and State-Building: The Integration of Northern Dobrogea into Romania, 1878-1913 (Pittsburgh: University of Pittsburgh Press, 2002); Comparative Fascist Studies: New Perspectives (Routledge, 2009))

[Discussant]
・Chizuko Takao                Professor, Tokyo Medical and Dental University
・Chiho Fukushima            Lecturer, Tokyo University of Foreign Studies

[Chair]
・Yoko Aoshima                 Lecturer, Kobe University

[Language]        English

[Outline]
The region between central and eastern Europe and Russia had been under the rule of empires, which was inhabited by a large variety of social groups in a mosaic pattern prior to World War I. Because of this, this area was heavily tinged with the characteristics of borderlands in terms of religions, laws, national ideas, and literary cultures.

Recent studies have revealed that religion was one of the significant channels through which imperial governments control their subjects. But, at the same time, it would also provide a hotbed for growing nationalism. When imperial powers disappeared in succession during and after World War I, various types of new powers rose, and emerging national groups intersected each other in some cases with raging violence. Meanwhile, this area was gradually sucked into the destructive whirlpool of World War II. As times changed from imperial orders and their vanishing to the disastrous confrontation between Nazi Germany and the Soviet Union, what type of roles did religions play both in enhancing the cohesion of states and a multiple of social groups and in generating frictions among them?

This workshop will consider imperial orders, their transformation and collapse, and the shift to new orders in Central and Eastern Europe and Russia of the modern era from the perspective of religion. We will invite three leading scholars to discuss imperial orders of the Russian Empire and the Soviet Union, the case study of Lithuania under the rule of the Russian Empire, and the changing orders of the Central and Eastern European region after World War I. Subsequently, we will debate the issues from various angles, having two specialists on the Jewish people in Eastern Europe and on Uniate in Ukraine as discussants.

[Contacts] Yoko Aoshima yaoshima[at]dolphin.kobe-u.ac.jp 

Hosted by:
Research Center for Promoting Intercultural Studies
Constructing new concept of European history from the perspective of historical experiences of Borderlands-Strategic young researcher overseas visits program for accelerating brain circulation

Co-hosted by:
“A Social History of Cultural Interactions between Nations of the Eastern Part of Europe” (Kitagawa foundation)
“Formation of Modern Russian Nationalism though Interaction between Nations of the Western Part of the Russian Empire” (JSPS, Scientific Research (C))


当日の様子

当日の様子(1)



当日の様子(2)



当日の様子(3)



当日の様子(4)

前のページに戻る

(c)2014  神戸大学大学院国際文化学研究科 国際文化学研究推進センター 本サイト内に含まれる全ての著作物は著作権法により保護されており、無断での複製、改編、翻訳、配布は禁止されています。