神戸大学大学院国際文化学研究科・国際文化学研究推進センター主催2015年度第5回講演会 「ヨーロッパにおけるジャーナリズムとデジタル・メディア教育の動向」

PDFでダウンロード

「ヨーロッパにおけるジャーナリズムとデジタル・メディア教育の動向」

日時 2015年12月2日(水)17:00~19:00
場所 神戸大学大学院国際文化学研究科 E棟4階 学術交流ルーム(E410)
(JR六甲道から神戸市バス16系統「六甲ケーブル下」行きにのり、「神大国際文化学部前」下車
講師1 アンドレーア・モゴシュ氏(Dr. Andreea Mogoș)
バベシュ・ボヨイ大学政治行政コミュニケーション科学部ジャーナリズム学科准教授
講師2 ラードゥ・メーザ氏(Dr. Radu Meza)
バベシュ・ボヨイ大学政治行政コミュニケーション科学部ジャーナリズム学科専任講師

 

講師略歴

アンドレーア・モゴシュ氏(Dr. Andreea Mogoș)

 ルーマニア、バベシュ・ボヨイ大学卒業(ジャーナリズム、社会学)後、同大学で社会学の博士号、パリ第8大学で情報コミュニケーション科学の博士号を取得。主にフランスとルーマニアにおける新旧メディアの社会科学的考察を行なっている。1998年よりバベシュ・ボヨイ大学政治行政コミュニケーション科学部、ジャーナリズム学科准教授。 

 

ラードゥ・メーザ氏(Dr. Radu Meza)

 ルーマニア、バベシュ・ボヨイ大学卒業(コンピューター・サイエンス、社会学)後、同大学で社会学の博士号を取得。研究テーマは、オンライン・ネットワーキングにおける構造とダイナミクスで、オンライン・メディア、SNS、インターネットに関連する事象についてコンピューター・サイエンスとメディア学の観点からの分析を行なっている。2009年よりバベシュ・ボヨイ大学政治行政コミュニケーション科学部、ジャーナリズム学科専任講師。

 

問い合わせ先: 林良子 rhayashi[at]kobe-u.ac.jp   ※[at]をアットマークに変えてください。

 

当日の様子(1)



当日の様子(2)