神戸大学大学院国際文化学研究科・国際文化学研究推進センター主催2015年度第8回講演会 "Wilhelm von Humboldt’s critique of a Hegelian understanding of modernity: European Universalism and the 'Monotonization' of the World"「ヨーロッパ普遍主義と世界の『単調化』— ヴィルヘルム・フォン・フンボルトによる「モダニティ」概念のヘーゲル的理解にたいする批判」

PDFでダウンロード

"Wilhelm von Humboldt’s critique of a Hegelian understanding of modernity:
European Universalism and the 'Monotonization' of the World"
ヨーロッパ普遍主義と世界の「単調化」
— ヴィルヘルム・フォン・フンボルトによる「モダニティ」概念の
ヘーゲル的理解に
たいする批判—

日時 2016年2月12日(金)17:00~19:00
場所 神戸大学大学院国際文化学研究科 A棟4階 中会議室(A403)
(JR六甲道から神戸市バス16系統「六甲ケーブル下」行き、「神大国際文化学部前」下車
言語 英語 English
講師

マルクス・メッスリング
Markus Messling

フンボルト大学マルク・ブロッホ研究所副所長
Vice director of the Centre Marc Bloch, Humboldt University

要旨

エドワード・W・サイードの『オリエンタリズム』以降、ヨーロッパ文献学の役割と文化的内省に
関する多くの論争が起こった。 しかしこうした議論において、帝国的普遍主義がフランス革命
直後にはすでに危機に陥っており、それがフランスの多様性を拒絶するロマン主義的モデルに
かぎった問題ではなかったという歴史的事実は、今日まで看過されてきた。また、世界で
普遍的な法的要求の施行と、世界の多様性の維持とのあいだをとりなそうとする立場も存在した。
G・W・Fヘーゲルとヴィルヘルム・フォン・フンボルトは、ともに明確にこの立場を表明したが、
ヘーゲルが感傷に流されずに歴史展開における非ヨーロッパ言語と文化の消滅を言明した
一方で、フンボルトは「単調化」の危険を明晰に予見し、対話アプローチを確立しようとした。
それは、従来のように「他者」を切り離すものではなかった。より多様な「モダニティ」について
思考することの可能性は、ここにその歴史的深度を見いだすことができると言える。

Since Edward W. Said’s book on Orientalism many polemics on the role of European
philologies and cultural reflexion emerged. A point missed so far in this debate is the
historical fact that imperial universalism enters a crisis already shortly after the French
Revolution, not only in Romantic models of rejection of its French variety. There exists
also a position trying to mediate between the force of the universal legal claim and the
diversity of the world. Both G.W.F Hegel and Wilhelm von Humboldt clearly represent
this position but while Hegel unsentimentally states the disappearance of non-European
languages and cultures in historical progress, Humboldt lucidly foresees the danger of
a monotonization of the world and tries to establish a dialogical approach, which does
not prescind the ‘other’ as always also the same. This is where the possibility of thinking
a more diverse modernity finds its historical depth.

 

問い合わせ先:
Vladimir Kreck    vladimir.kreck[at]port.kobe-u.ac.jp
※[at]をアットマークに変えてください。


当日の様子[1]

当日の様子[2]