Copyright Research Center for Promoting Intercultural Studies. All Rights Rserved.
  
  

神戸大学国際文化学研究科・国際文化学研究推進センター主催
2015年度第3回講演会

台湾におけるポストコロニアル映画
Postcolonial Films in Taiwan

 

 

日時

2015年6月18日(木) 17:00~19:00
 

場所

神戸大学大学院国際文化学研究科 E棟4階 学術交流ルーム(E410)
 

講師

傅 鈺雯 博士 (Dr. Yu-wen Fu)
 
英国エセックス大学英文学部においてピーター・ヒュームの下、PhDを取得。現在、台湾国立高雄大学西洋語文学系助教授。専門はポストコロニアル文学/映画批評。
 

司会

小笠原 博毅(神戸大学大学院国際文化学研究科)
 

報告概要

魏徳聖監督の『海角七號』(2008)や『セデック・バレ』(二部作、2011)また同監督のプロデュースによる馬志翔監督『KANO』(2014)など、興行的にも、また海外でも成功を収めたいくつかの作品を題材に、近年台湾の映画界で起きている、日本統治下を含めた被植民地経験の歴史を直視し、将来を見据えようという映画作りについて報告する。
 

問い合わせ先:青山薫(国際文化学研究推進センター 国際交流部門長)kaoru[at]tiger.kobe-u.ac.jp  ※[at]をアットマークに変えてください。