ポール・ギルロイ
『ユニオンジャックに黒はない―人種と国民をめぐる文化政治(月曜社)
邦訳刊行記念シンポジウム

 
「ユニオンジャックに黒はない」。1970年代イギリスの極右勢力が移民排斥のスローガンとしたこの文言は同時に、「だからなんだってんだ!」というカルチュラル・スタディーズの立ち位置を鮮明に表す合言葉ともなった。
 
原著出版後30年の時を経てついに邦訳なる!
 
ディアスポラの響きに誰よりも寄り添ってきた鈴木慎一郎氏と、近代資本主義を地べたから検証している酒井隆史氏をゲストに迎え、訳者3名と徹底的に討論する。
 
日時:

 2017年 11月12日(日)13:30 〜 17:00(開場13:00)

 

場所:

 神戸市 海外移住と文化の交流センター(兵庫県神戸市中央区山本通3-19-8)

 

参加申し込み

 下記の「参加申し込みフォームから事前申し込みを受付けています。
 
 
 

登壇者:

 酒井 隆史(大阪府立大学人間社会システム研究科教授)
 鈴木 慎一郎(関西学院大学社会学部教授)
 田中 東子(大妻女子大学文学部准教授)
 山本 敦久(成城大学社会イノベーション学部准教授)
 井上 弘貴(神戸大学国際文化学研究科准教授)
 
 

総合司会

 小笠原 博毅(神戸大学国際文化学研究科教授)

参加申し込みフォーム:

 以下のフォームに必要事項を記入の上、「申し込む」ボタンを押してください。
 

 

問い合わせ先:

 栢木 清吾(神戸大学国際文化学研究推進センター)
 kayanoki [at]harbor. kobe-u.ac.jp  ※ [at] をアットマークに変えてください。
 

主催:
    • 神戸大学国際文化学研究推進センター 2017年度研究プロジェクト「ポストBrexitの文化状況 —身体・都市・メディア・資本へのグローバルな影響と意味」(代表者:小笠原博毅)
後援:
    • カルチュラル・スタディーズ学会