1.国際文化学としての日本学

代表者:辛島 理人

分担者:高橋進之介(GSP助教)、Nguyen Thanh Tam(学術研究員)

2.グローバル化における感性的知覚と美的表現の変容に関する日独共同研究

代表者:藤野 一夫

分担者:石田 圭子 、池上 裕子 、板倉 史明 、陳 怡如(博士後期課程)

3.L1話者によるL2言語使用の受容に関する実態調査   

代表者:田中 順子

分担者:水口 志乃扶、西田 健志、アルビン・エレン

4.ポストBrexitの文化状況—身体・都市・メディア・資本へのグローバルな影響と意味

代表者:小笠原 博毅

分担者:井上 弘貴、辛島 理人、栢木 清吾(学術研究員)、小林 瑠音(博士後期課程)、黄 柏瀧(博士後期課程)、

      Phillip Hughes(博士後期課程)、余 玟欣(博士前期課程)

5.映像メディアにおける注意と情動に関する領域横断的研究

代表者:板倉 史明

分担者:小澤 卓也、西谷 拓哉、松本 絵理子

6.グローバル化と宗教の再帰性に関する横断的研究

代表者:石森 大知

分担者:柴田 佳子、窪田 幸子、岡田 浩樹、梅屋 潔、齋藤 剛、中村 覚、伊藤 友美、貞好 康志

7.近現代における「神話」の史的展開と今日的意義  

代表者: 清川 祥恵 (協力研究員)

分担者:植 朗子 (協力研究員)、南郷 晃子 (学術研究員)、 馬場 綾香 (博士後期課程)

1.領域横断的映画研究の推進

代表者:板倉 史明

分担者:朝倉 三枝、石田 圭子、小澤 卓也、西谷 拓哉、松本 絵理子 、高木 ゆかり(協力研究員)

2.L2言語使用のL1話者による受容に関する実態調査

代表者:田中 順子

分担者:水口 志乃扶、西田 健志

3.人間の好ましさ(like)と要求(want)の違いに関する認知・経済・情報科学による国際的アプローチ  

代表者:松本 絵理子

分担者:林 良子、西田 健志、川島 朋也(国際文化学研究科博士後期課程)

    ※外部より、Matheiu Lajante(レンヌ第一大学経済学部准教授) を招聘予定

4.近代〈神話学〉の発展と〈神話〉機能の展開

代表者:植 朗子 (協力研究員)

分担者:南郷 晃子 (学術研究員)、 清川 祥恵 (協力研究員)、 馬場 綾香 (国際文化学研究科後期課程)

    ※外部協力者として、潘 寧(吉林大学)が参加予定

5.中国と日本の大学におけるビジネス日本語教育の現状調査及び学習者向けビジネス日本語語彙データベースの開発

代表者:李 楓(学術研究員) 

分担者:曹 卓琦(横浜国立大学大学院教育学研究科博士前期課程)、栁 素子(国際文化学研究科博士後期課程) 

    ※外部より、曹 婷(陝西師範大学准教授)を招聘予定

6.移動者の媒介作用に着目した多文化状況に関する分野横断的研究

代表者:野上恵美(協力研究員)

分担者:栢木 清吾(学術研究員)、Nguyen Thanh Tam(学術研究員)、黒川 伊織(協力研究員)、佐藤 良輔(国際文化学研究科博士後期課程) 

7.マイノリティのコミュニティは自由をめざすのか、平等をめざすのか―米仏コミュニティ論比較 

代表者:松井 真之介(協力研究員) 

分担者:秋田 真吾(協力研究員)

1.日本研究の文化資源学

代表者:寺内 直子

分担者:池上 裕子、板倉 史明、長 志珠絵、窪田 幸子、昆野 伸幸

2.日本における社会的排除の分野横断的研究

代表者:青山 薫

分担者:西澤 晃彦、梅屋 潔、小笠原 博毅、小澤 卓也、近藤 正樹、青島 陽子

3.新学術領域「調音意味論」提案のための準備的研究

代表者:定延 利之

分担者:林 良子、朱 春躍(協力研究者、国際コミュニケーションセンター)

4.リゾーム型コミュニティにおける「文化活動」の機能—日韓仏における事例研究

代表者:松井 真之介(協力研究員)

分担者:田 恩伊(協力研究員)、黒川 伊織(協力研究員)

5.近代「神話学」の発展と「神話」概念拡大の思想的背景の解明

代表者:植 朗子(協力研究員)

分担者:清川 祥恵(学術研究員)、南郷 晃子(学術研究員)、潘 寧(協力研究員)、馬場 綾香(博士課程後期課程)

6.女性のアクティベーションとケイパビリティに関する研究—生活困窮予備軍の若年女性の社会的包摂のあり方とその課題

代表者:天野 敏昭(協力研究員)

分担者:大村 和正(協力研究員)

7.「異文化誤解」のメディア表象論

代表者:栢木 清吾(学術研究員)

分担者:山口 隆子(協力研究員)、南郷 晃子(学術研究員)、湯 瑾(協力研究員)、横山 純(博士課程後期課程)、前川 真裕子(三重大学人文学部特任准教授)

8.環大西洋の思想交流における社会的なものと信仰的なものとの葛藤と変容 

代表者:井上 弘貴

分担者:清川 祥恵(学術研究員)、秋田 真吾(博士課程後期課程)、野谷 啓二

9.20世紀前半に於ける芸術文化・思想の異文化間の横断に関する日独共同研究

代表者:藤野 一夫

分担者:石田 圭子、池上 裕子、朝倉 三枝、板倉 史明

10.災害・環境問題への支援とその課題に関する実践的研究

代表者:窪田 幸子

分担者:梅屋 潔、岡田 浩樹、斎藤 剛、貞好 康志、塚原 東吾、吉岡 政徳

1.日本研究の文化資源学—国際的連携のもとに

代表者:寺内 直子

分担者:池上 裕子、板倉 史明、長 志珠絵、窪田 幸子、昆野 伸幸

2.シェンゲン圏の拡大とEU公共圏の社会文化的再構築の諸課題

代表者:坂井 一成

分担者:藤野 一夫、青島 陽子、近藤 正基、齋藤 剛、Vladimir Kreck(日欧連携教育府)、林 瑠音(博士課程後期課程)、佐藤 良輔(博士課程後期課程)

3.映像におけるタブーと美の相克:暴力・モード・性

代表者:楯岡 求美

分担者:朝倉 三枝、石田 圭子、板倉 史明、福岡 麻子、西谷 拓哉

4.現代日本における社会的排除の分野横断的研究

代表者:青山 薫

分担者:西澤 晃彦、梅屋 潔、小笠原 博毅、小澤 卓也、近藤 正基、青島 陽子

5.現代日本における社会的排除の分野横断的研究

代表者:定延 利之

分担者:林 良子、岩本 和子、楯岡 求美

6.コミュニティ創生運動における「文化活動」の役割 -日韓英仏における事例研究

代表者:田 恩伊(学術推進研究員)

分担者:黒川 伊織(協力研究員)、沼田 里衣(協力研究員)、松井 真之介(協力研究員)

7.神話研究史における近代「神話学」の特性の解明

代表者:植 朗子(協力研究員)

分担者:清川 祥恵(協力研究員)、南郷 晃子(協力研究員)、潘 寧(協力研究員)、馬場 綾香(博士課程後期課程)

8.アクティブ・インクルージョンの可能性とその課題 -若年者の「能動的参加」や親密圏の視点からの新しい社会的包摂

代表者:大村 和正(協力研究員)

分担者:桶川 泰(協力研究員)、天野 敏昭(協力研究員)

9.「異文化誤解」のメディア表象学の構想:他者との「出会いそこない」に着目した領域横断的研究 

代表者:栢木 清吾(協力研究員)

分担者:山口 隆子(協力研究員)、南郷 晃子(協力研究員)、横山 純(博士課程後期課程)、前川 真裕子(国立民族学博物館外来研究員)

10.世紀転換期におけるアングロ・サクソン世界の知識人と社会改革の構想

代表者:野谷 啓二

分担者:井上 弘貴、清川 祥恵(協力研究員)、秋田 真吾(博士課程後期課程)