修了生(国際文化学研究科)

修了生の氏名と修了レポートのタイトルを紹介します。

 

国際文化学研究科 博士後期課程 修了生

2015年3月修了
野上恵美 「『難民』から『マイノリティー』へー神戸・長田のベトナム系移住者の労働をめぐる民族誌ー」

2014年3月修了
二宮健一 「ダンスホール・ゴスペルについての人類学的研究:ジャマイカにおける男性性の複数状況に関する考察として」


澤野美智子 「『オモニ』を通して見る韓国の家族:乳がん患者の事例から」



国際文化学研究科 博士前期課程 修了生

2016年3月修了
土取俊輝 「カミサマがオロソカになるとき:新潟県佐渡島の村落における進行状況の変遷」

莫佳慈 「現代社会における少数民族の標準語の窮状ー中国チワン語標準語の普及状況を事例としてー」

2015年3月修了
姜小友莉 「自己主張としての国籍―在日コリアンを事例として」

趙基正 「日韓社会における在日コリアンのイメージ―戦後イメージ原型の形成過程を中心に」

郭凌 「在日華僑華人社会の同業団体についての考察ー神戸地域における華僑華人の料理業同業団体の事例を中心にー」

2014年3月修了
魏朝麗 「日本における中国人留学生に特徴についてー日本における生活の適応と日本観という二つの側面からー」


中西光一 「在日ブラジルの若者のアイデンティティ表象に関する一考察−自己・他者・社会との関わりを通して−」

2013年3月修了
楊夢海 「中国の民族テーマパークについての考察ー山東省済南市『九頂塔中華民俗歓楽園』を事例として」

2012年9月修了
平野智佳子 「北部アボリジニ社会における『先住民』と『非先住民』―『問題飲酒』の事例を通して―」

2012年3月修了
鈴木亜望 「フェアトレードの『フェア』概念 ―バングラデシュの民族誌からみる人々の規範との比較―」

任哉玩 「韓国の孝教育における国民文化の再生産―韓国ソウルデリム小学校の孝教育を事例に−」

國廣愛佳 「有松・鳴海絞り従事者による“伝統”の意味づけ ―『伝統的工芸品』としての新しさの採用から」

李慧玲 「中国朝鮮族教育の実態における民族性に関する考察―中国吉林省舒蘭市朝鮮族実験小学校を事例に―」

金素榮 「日本映画における在日コリアンの家族像」

2011年3月修了
小林孝通 「映像の異文化表象に関する人類学的研究:トロブリアンドのクラ交易をめぐって」

朴赫民 「在日コリアンの民族教育とエスニック・アイデンティティの関係に関する一考察ー韓国国際教育院の母国修学経験者を中心としてー」

金明信 「揺れ動く移住と結婚の境界:韓国における国際結婚を事例に」

崔ハナ 「国際結婚をしたホスト社会の女性のエイジェンシー:日本における『国際結婚を考える会』を事例として」

ロヨラ・ダリウス Merging Heritage Protection and Tourism: Focusing on Cheldebechel (traditional club) Based Approach for Cultural Tourism in Palau

2009年3月修了
トラン ティ 美麗  「在日ペルー人保護者の「教育戦略」:教育に対する意識とその問題」

森下さやか  「2000年センサス問題と" Multiracial"な人々:Association of MultiEthnic Americans に見る"Multiracial"な人々の意識と取り組みを中心に」

朴文杰  「日本における中国朝鮮族の社会ネットワーク―インターネット による形成を中心に―」


last updated:2014.07.12