機関誌『神戸文化人類学研究』

『神戸文化人類学研究』投稿規定

    

『神戸文化人類学研究』(バックナンバー)

    

『ぽぷるす』(バックナンバー)


『神戸文化人類 学研究』創刊と『ぽぷるす』廃刊について



『神戸文化人類学研究』創刊にあたって
          神戸文化人類学研究』創刊号「はじめに」より(一部 変更)


 

 神戸大学における文化人 類学の歴史は、故石川榮吉先生が文学部に赴任されたときからス タートしました。石川先生が転出された後に、教養部に合田さんが赴任し、神戸における文化人類学の研究は継続されてきました。当時は、文学部、教育学部、 教養部の三つの部局のうえに大学院文化学研究科(博士課程)があり、院生はそこで文化人類学を専攻する ことができました。

改革の嵐がやってきて、教養部が改組され、 国際文化学部が、そしてそれに続いて大学院総合人間科学研究科が設立されて、神戸における文化人類学の 研究は新しい段階を迎えることになりました。文化人 類学のスタッフも、合田さんをはじめ、須藤さん、柴田さん、岡田さん、細谷さん、そして私の6名を数えるまでになりました。しかし文化人類学の教育は、 「異文化コミュニケーション論」「アジア・太平洋文化論」「アメリカ文化論」という三つの講座に分かれて行われていました。

ところが20074月、大学院総合人間科学研究科は改組され、大学院国際文化学研究科が設立されるに及んで、大学院が部局化され、学部と大学 院の一貫した教育体制が実現しました。この大学院では新に「文化人類学コース」が設けられ、5名の文化人類学スタッフ が帰属することになりました。6名全員でないのは、1名はオセアニアの文化人類学研究が出来るコー スとしての「アジア・太平 洋文化論コース」に帰属しているからです。いずれにしても、神戸大学の文化人類学は、2007年の4 をもってさらに次の段階に 進んだということができます。

この機会に、新しい査読付き雑誌を刊行しようということになりました。それが、今回創刊号となった『神戸文化人類学研究』です。発行は「文化人類 学コース」となっていますが、6名の文化人類学ス タッフ全員が編集委員となって編集作業をする雑誌としてスタートしました。編集委員長は、毎年交代で担当することとし、初回 は、私が担当になりました。

15年間吹き荒れた改革の嵐も、ようやく収まろうとしています。神戸における文化人類学の教育と研究 の体制も確立しました。 『神戸文化人類学研究』は、その出発点として刊行する雑誌です。 (吉岡政徳 記)    

 


 

『ぽぷるす』廃刊について

 

 

               神戸文化人類学研究創刊号 「あとがき」より(一部変更)

 

  新しい雑誌の創刊ととも に、やや早めの廃刊のお知らせもしなくてはなりません。神戸大学社会人類学研究会の会誌『ぽぷるす』は、創刊号の「はじめに」で、 「会誌の発行を少なくとも 今後10年は続けるということを次の目的に」と書きましたが、2006年の第5号をもって廃刊とさせていただきます。あるいは発 展的解消と申し上げたほう が適切かも知れません。なぜなら、社会人類学研究会の活動そのものは、本誌によって新たな段階に進むからです。

 「まえがき」ですでに書 かれている通り、『ぽぷるす』の廃刊は、2007年4月に大学 院国際文化学研究科が発足し、文化人類学コースができたこと、主として大学院生の査読付き論文発表の場として装いを改めて創刊することがその理由です。

 この30年、日本ではバブル経済とその崩壊、失われた10年とその後遺症という激しい 景気変動を経験してきました。しかし、幸いにも神戸大学の社会人類学・文化人類学研究組織は、教養部から国際文化学部、大学院総合人間科学研究科から国際 文化学研究科創設へと、いわば一貫して右肩上がりの発展を成し遂げてきました。

 神戸大学社会人類学研究 会発足の経緯は、『ぽぷるす』創刊号で詳述しましたので繰り返 しません。要約すると、1994年5月に、当時神戸大学文化学研究科博士課程に在籍していた谷口裕久、長坂格、中野伸一、金相圭氏などの院生諸君を中心と して発足し、1997年4月に総合人間科学研究科が設立されると、研究会の中心はそちらに移りました。

 2002年、神戸大学社 会人類学研究会として正式に組織を立ち上げ、同時に会誌『ぽぷ るす』創刊号を発行することができました。創刊当時、顧問が須藤健一、吉岡政徳の両氏、土佐桂子さんが事務局、創刊号の編集委員は柴田佳子、細谷広美、長 坂格、中原聖乃、倉田誠、木曾恵子、家治英夫、山根摩美、横田祥子、岡部真由美、栗田梨津子、宮脇千 絵、八十寿江の皆さんでした。その後も年に6回ほどの 研究会は定期的に開催され、今日に至っております。『ぽぷるす』は廃刊されても、研究会の活動は新しい雑誌を中心としてますます盛んになることと思いま す。(合田濤 記)