JSPS研究拠点形成事業 Core-to-Core Program

 
 


開催報告

 

美術と人類学のつながりが注目される昨今、この分野で著名な二人の人類学者からご講演いただき、意見交換をおこなう。
Nicolla Levell, ‘1992 Critique Arising: Contemporary Artists and Anthropology Museums’
Anthony Shelton ‘From Non-Western to Global Art. A New Role for Anthropology Museums’

 

(文責:窪田幸子教授・国際文化学研究科)