JSPS研究拠点形成事業 Core-to-Core Program

 
 


 

 
 

研究や調査、思索や論考は、どのようにして「本」になるのか?

 

ビブリオトークとは、国際文化学研究推進センター所属の研究員が、
執筆・編集・制作に携わった本のお話をする企画です。
 
本の内容と、いろいろな人の知恵と手を介して本ができあがるまでの経緯について
「本音」のところを、ざっくばらんに語ってもらいます。

 

 

第1回

 
『「神話」を近現代に問う』(勉誠出版、2018年)

 
 

 日 時:2018年 7月5日 17 : 00〜

 

 場 所:国際文化学研究科A棟1階 ラーニング・コモンズ

 

 本を作った人植 朗子・南郷 晃子・清川 祥恵

 

 聞く人栢木 清吾

    •  
    • 「「神話」って、どうしてこんな人気なの?」という素朴なギモンから出発した、学内外の研究者総勢18人による論集。研究成果って、どうやったら「本」になるの?「編集」って何するの?どうやって出版社に企画を持ち込むの?などなど、「本ができるまで」の経験や苦労話を、編者の3人に話していただきます。

 本の詳しい内容は こちら
 
 本のモトになった研究プロジェクト