JSPS研究拠点形成事業 Core-to-Core Program

 
 

近代〈神話学〉の発展と〈神話〉機能の展開

 

代表者

分担者

    • 清川 祥恵
    • 南郷 晃子
    • 馬場 綾香(国際文化学研究科博士後期課程)
    • *外部協力者として潘 寧(吉林大学)が参加予定

概要 

本プロジェクトは、平成26年度「神話研究史における近代〈神話学〉の特性の解明」、平成27年度「近代〈神話学〉の発展と〈神話〉概念拡大の思想的背景の解明」から続く近代〈神話学〉をめぐる共同研究プロジェクトとして3年目を迎える。
 
本年度は「近代〈神話学〉の発展と〈神話〉機能の展開」として、これまで本プロジェク
トが明らかにしてきた神話研究史における「神話学」の特性を背景に、①テクスト化された物語の「神話化」、②「神話」の世俗化、という2つの現象に着目する。近代以降の「神話」のこうした双方向性を通して、今日における意義を改めて明らかにするとともに、個別の地域研究にとどまることによって立ち後れている「神話学」研究史の世界的展開の補完と、現代文化と神話との関わりの検討についても可能となると考える。
 
 
 


 
 
研究会等の情報

 
 
 
 
 
 
 
 2016年度研究プロジェクト一覧へ戻る