JSPS研究拠点形成事業 Core-to-Core Program

 
 

移動者の媒介作用に着目した多文化状況に関する
分野横断的研究

 

代表者

分担者

概要 

本プロジェクトの目的は、グローバル化に伴い世界的規模で進展する「多文化状況」のなか、さまざまな目的と経路で移動する人びと同士のあいだで形成される歴史的・社会的関係を実証的に明らかにすることである。従来、移民や多文化化を考察した研究においては、ホスト社会と移動者のコミュニティ間での二項関係が中心的課題として設定されており、異なる文化的背景を持つ複数のコミュニティのあいだでの関係性や、就労、留学、国際結婚といった異なる理由で国境を越えた移動者同士が同じコミュニティのなかで形成する支援のネットワークなどの問題が等閑視される傾向にあった。そこで、本プロジェクトでは、移動者がコミュニティ間、あるいは同一のコミュニティ内の成員間の「つながり」を形成してきた事例として取り上げることにより、多文化状況を実証的に解明することを目指す。
 
 
 


 
 
研究会等の情報

 
2016. 09.24   
第1回研究会
共在の場を考える研究会共催
 
2016.12.08
 
 
 
 
 
 
 2016年度研究プロジェクト一覧へ戻る