今月の訪問者
2018年11月6日(火)
ドラジェン・フラスティッチ特命全権大使が桜井徹国際文化学研究科長を表敬訪問し、坂井一成国際文化学研究科教授、花田エバ国際連携推進機構EU総合学術センター准教授が出席し懇談会を行いました。桜井研究科長からは、神戸大学の進めるダブルディグリーや交換留学などのとくにEU諸国の大学との交流プログラムの概要と、2017年度に発足した国際人間科学部が進めるグローバル・スタディ・プログラム(GSP)によって全学生を海外に派遣させる取り組みの説明がなされ、大使からは、クロアチアの大学・神戸大学の間のさらなる協力に対する期待が表明されました。
 
懇談会の後、大使は坂井教授の「国際関係論」の講義で“What does the EU mean to Croatia?”のテーマで英語で講演を行い、クロアチアにとってEU加盟国であることの重要性と、グローバル社会における様々なセキュリティに関わる課題にEUとして、そして日本を含む関係国と協力して取り組む必要について説明されました。
このページの上部へ