15の多様な専門コース

グローバル文化専攻・言語情報コミュニケーション系
言語コミュニケーションコース

最終更新日 2017年8月22日

コースの紹介

  「ことば」は概念やメッセージを相手に伝える単なるコミュニケーションの手段であるだけではなく、人間の認知・思考・習慣とも密接に関わる文化そのものともいえます。 本コースでは言語構造や言語慣用に関する比較・対照分析を基に、外国人に対する有効な日本語教授法の探求、第二言語習得や翻訳・通訳における言語的文化的分析と方法論の開発、多種多様なレトリックの比較分析などを進め、グローバリゼーションの進展の中で今や不可欠になりつつある異文化間コミュニケーション上の諸問題の解決に積極的に取り組んでいます。基礎から応用に至る、言語コミュニケーションに関わる様々な講義・演習を通して、実践的応用能力あるいは教育・研究能力を持つ人材の養成を目指しています。

 
進路実績

(前期課程) 東京都立高等学校(英語教員)、大阪府立高等学校(英語教員)、兵庫県公立中学校(英語教員)、(株)資生堂、(株)シャープ、アップ教育企画、JR西日本関連会社、特許事務所他。

(後期課程)  天津外国語大学准教授、中国電子科技大学准教授、関西学院大学准教授、東京大学特任講師、他

在籍学生数

(前期課程) 9名

(後期課程) 5名

論文テーマ例

(前期課程)
バイリンガリズム、タイ語のモダリティ、日・仏語のフィラー、カタカナ表記語の社会言語学的研究、レトリック、説得、マンガのオノマトペ翻訳、日本語教育の社会的側面、日本語学習とオノマトペ、他

(後期課程)
第二言語の形態統語の習得、複合動詞、日中同形漢語、フィクションのレトリック、物語論、ベトナムにおける日本文学翻訳、イデオロギーと翻訳、字幕翻訳、日本語教育の歴史、他

所属教員の紹介

ALBIN, Aaron 講師 比較・対照言語論特殊講義ほか
実験や定量的な手法を用いて、イントネーションの音韻論を研究しています。アクセントや声調という単語レベルより、文レベルのピッチ現象に焦点を置いています。特に、複数の言語のイントネーションの構造を比較対照することで、第二言語におけるイントネーションの習 得の過程を追求することを目標にしています。講義は基本的に英語で行います。

川上 尚恵 講師 日本語教育応用論特殊講義ほか
中国や日本国内を対象とした日本語教育史研究を主に行っています。学習/教育に関わる人々の実践や日本語教育の枠組みを史的な観点から分析することで、日本語教育の社会的意義や役割、あり方を問いたいと思っています。日本語教育の実践分野に関する研究も視野に入れており、特にノンネイティブの日本語教師養成について関心があります。

齊藤 美穂 准教授 日本語教育方法論特殊講義ほか
方言を含む現代日本語の文法を中心に研究をしています。また、外国人に対する日本語教育に携わってきたこともあり、日本語教育分野全般に関心を持っています。今後は、文法の研究を中心にしつつ、その成果を活かした日本語教材の開発や教授法の研究にも力を入れていきたいと思っています。

田中 順子 教授 第二言語習得論特殊講義ほか
第二言語習得(SLA)プロセスにおけるアウトプットとフィードバックの役割や、個人差(言語学習適性など)がSLA に及ぼす影響について研究をしています。また、第一言語(L1)には存在しない第二言語(L2)概念が、どのような過程で正しく(あるいは誤って)区分されてL2 形態にマッピングされるのかに関心があります。教室内での外国語学習のみならず、SLA やマルチリンガル環境下での言語習得とその問題点も扱います。

朴 秀娟 講師 日本語教育内容論特殊講義ほか
記述的研究の立場から、主に現代日本語を対象とした文法研究を行っています。留学生に対する日本語教育に携わっていることから、日本語教育や対照言語学の視点を取り入れた文法研究も行っています。特に、副詞に関心を持っており、副詞の意味・用法やその変化に関する研究、日本語教育における副詞の研究を中心に行っています。

藤濤 文子 教授 翻訳行為論特殊講義ほか
翻訳行為を異文化問コミュニケーションとして捉える機能主義的一般理論と、それを具体的な翻訳行為と翻訳事例(主に日独英語間)にどう応用するかがテーマです。翻訳において文化の差異をどう乗り越えて伝えるか、また受容者・メディア・目的などの要因が翻訳行為にどのような影響を及ぼすかに興味があります。

湯淺 英男 教授 言語慣用類型論特殊講義ほか
日本語や英語、ドイツ語などの言語でどのような構文が好んで用いられているのか、それが母語話者のどのような事態の認知に基づくものなのか、またどのようなコミュニケーション上の機能を果たしているのかに関心があります。そして類型論的視点から言語相互の関係性を追求することも目標にしています。

米本 弘一 教授 レトリカル・コミュニケーション論特殊講義ほか
ことばを使って自分の考えや気持ちを効果的に伝えるための表現技法(レトリック)の研究。日常会話や新聞・雑誌・広告の文章など、ことばを使って表現されるものなら何でも扱いますが、特に小説などの文学作品に使われている表現技法に関心があります。

 

所属学生からのメッセージ

堀尾 佳菜さん(博士前期課程2年・キャリアアップ型プログラム)

長沙大学外国語学部卒業。
神戸大学国際文化学部卒業。研究テーマは「言語の加算・不可算の区別の有無が話者のものの見方に与える影響―英語母語話者と日本人英語学習者の比較―」

★メッセージ
  私は英語科の教員を目指しており、学部時代に得た第二言語習得論に関する知識・理解を深めて将来のキャリアに役立てたいと思い、言語コミュニケーションコースに進学しました。進 学後は、本コースで開講されている授業に加えて、言語習得や外国語教育に関連のある他コースの授業も積極的に履修しています。様々な研究領域の先生方から助言をいただいたり、問題意識を持って研究に取り組んでいる院生の方々と意見交換をしたりすることで、自分の研究を多角的な視点からとらえることができます。また、研究や授業で得た知識を教師として現場に立つ際にどのように活かすことができるかということを常に考えながら学び、将来の教育実践に結びつけていきたいと考えています。
 言語コミュニケーションコースには、英語教育だけでなく 日本語教育に興味・関心のある方も多く、研究室での何気ない会話から英語と日本語の違いや英語のおもしろさに気づかされることが多々あります。また、留学生は様々な外国語学習経験を持っていて、彼らと交流し意見をもらえることもとても有意義です。国籍・年齢・研究領域の壁を越えて、切磋琢磨しながら研究に取り組める環境が整っていることが本コースの魅力であると感じています。

 

朱 藹琳さん(博士前期課程2年・研究者養成型プログラム)

神戸大学国際文化学研究科博士前期課程修了。
広東工業大学日本語学部卒業。研究テーマは「中国の日系企業における翻訳者の「規範」― 異文化コミュニケーションとしての通訳・翻訳行為を中心に― 」。

★メッセージ
  大学卒業後、中国の日系企業に翻訳・通訳者として入社して仕事をしてきました。そんな私が翻訳・通訳の現場で、異文化コミュニケーションにおける問題の解決策を探る中で、翻訳研究に出会いました。翻訳研究の世界は幅広く、言語学や社会学、文化学など様々な分野と関連し、いずれも実際の翻訳・通訳行為に深くかかわるものだと感じていて、「さらに勉強したい」、「翻訳研究をもっと多くの人に紹介 したい」という目的を抱え、留学を決意しました。そして、現在は、ビジネスジャンルを中心に、「翻訳規範」という概念について、実務 に基づいた研究を行っています。
 言語コミュニケーションコースでは、翻訳行為論以外に、日本語教育学・第二言語習得論・レトリカル論など豊富な授業が開設されており、授業で理論を学びながらほかの院生たちと議論を交わし、大いに勉強になっています。また、日本語教師サブコースのおかげで、他コースの方々と意見をシェアしたり、ペアで模擬授業をしたりすることによって、視野を広げることができました。さらに、授業のみならず、院生研究室でも交流の機会がたくさんあり、言語や各自の国の文化などの話題が尽きず、「カルチャーショック」を受けることも大きな楽しみです。
 この一年間、先生方のご指導をいただき、また同じコースの院生たちと遠慮なく質問・指摘し合いながら、楽しく有益な日々を過ごしてきました。これからも、学んだ知識と議論で得られた視点を研究に反映させ、互いに助け合いながら努力していきたいと思います。

 

 

修了学生からのメッセージ

藤原 優美さん(2013 年度博士後期課程修了)

四川外国語大学日本語学部卒業。神戸大学大学院国際文化学研究科博士前期課程・博士後期課程修了。
研究テーマは「日本語のサ変動詞とそれに対応する中国語の対照研究: 語構成の異同と文法的振る舞いを中心に」
現在、東京大学教養学部付属グローバルコミュニケーション研究センター特任講師。

★メッセージ
  外国語を学習する際、母語の知識が活用できれば、習得を促進することがあります。これは日本語や中国語においても同じです。日本語と中国語の中には、同形漢語が多数存在しているため、中国語母語話者が日本語に接した際にも日本語母語話者が中国語に接した際にも、漢語に親しみを感じると思います。在学中、私は日本語と中国語の対照研究、特に 2 字同形漢語について研究を進めました。ゼミでは、研究指導や報告などを通した議論が行われ、国内外の研究調査や学会報告なども先生方がフォローしてくださいました。私も指導の先生をはじめ、コース内の先生方からきめ細かなご指導をいただき、また生活面でも親切に相談に乗っていただきました。院生室では、毎日異文化コミュニケーションが体験できます。先輩方も同級生の仲間たちも仲がよく、助け合いながら一緒に歩んできました。
 このように、私は実りある豊かな大学院生活を送ることができました。国文言コミで過ごした 5 年間は私にとって、大切な思い出です。皆さんもぜひここで自らの夢に向かって頑張ってください。皆さんが充実した楽しい学生生活が送れることを願っています。

 

中嶋 直人さん(2016年度博士前期課程修了)

神戸大学国際文化学部卒業。神戸大学大学院国際文化学研究科博士前期課程修了。
研究テーマは「相互学習型活動が留学生の日本語使用時の心理にもたらす効果」。現在、富士通株式会社勤務。

★メッセージ
 同じ学部からは就職する人が多い中、「もっと学びたい」という思いから研究科に進学しました。修了研究では学部時代の経験がきっかけで大学で行われる留学生への日本語学習支援に学術的な興味を抱き、その効果を日本語使用時の心理、特に言語不安という観点から検証しました。留学生が身近にいるという環境や各分野に精通されている先生方の存在があったからこそ成立した、実証的で分野を横断した内容という私としては納得のいく方針で研究ができたので、ここで研究できたことに満足しています。
 日常の大学院生活は、主体的に考える場面や議論する場面が学部のときに比べて多く、授業、ゼミ、院生研究室での会話など、言語という自分の好きなものについて考え、話し合う機会に溢れていました。先生方のご指導はもちろんのこと、院生からの質問や遠慮のない指摘も有益で、同じ関心を持つ仲間がいることは、楽しく、張り合いがあり、研究を進める上で心強くもありました。
 言語コミュニケーションコースでの経験は、修了後のキャリアでも そうですし、私の場合は日本語学習支援のボランティアやグローバルな人付き合いをしていく中でも、これからの自分を支えてくれることと 思います。同じように、言語に関することで研究してみたいことが ある方ならきっとここで実りある日々を送れると思います。皆さんの このコースでのご活躍を聞ける日を修了生として楽しみにしています。

 

 

qa

言語コミュニケーションコースの授業の特徴としてどのようなことが挙げられますか?

本コースの教員は、留学生に対する日本語教育や日本人に対する外国語教育について豊富な経験をもっています。したがって、教育経験に基づく疑問点・問題点が絶えず授業の中心にあり、問題解決を念頭においた授業を行なっています。

本コースではどのようにして修士論文や博士論文のテーマが決められているのでしょうか?

本コースでは、入学してきた学生の問題意識や関心・興味を第一に考えています。したがって院生は、指導教員と相談しながら自らテーマを決めることになります。

指導教員にしか論文指導をしてもらえないのでしょうか?

例えば前期課程では1 年次後期から2 年次後期にかけて、計3 回程度コースの教員・院生の前で修士論文・修了研究レポートの中間発表をする機会を設けています。つまり、修士論文・修了研究レポートの作成をコース全体でサポートする体制をとっています。

このページの上部へ