15の多様な専門コース

グローバル文化専攻・外国語教育系 外国語教育コンテンツ論コース

最終更新日 2015年9月11日

コースの紹介

contents_2015 外国語教育コンテンツ論コースでは、新時代の外国語教育の創造に主体的に参画できる人材育成を目指し、外国語教育の内容・方法・展開に関わる研究を総合的に行っています。本コースでは、言語学(コーパス言語学・認知言語学・語用論・音声学・文法学)と教育学(授業論・指導法・教育工学)の学問的基盤をふまえつつ、特に、教育現場での実践的展開を見据えた研究に精力的に取り組んでいます。本コースにおいて、外国語教育を取り巻く諸問題に多面的にアプローチする能力を付けた修了生は、国内外の教育機関等で活躍しています。本コースでは、学部時代の専門にかかわらず、外国語教育を通して社会のグローバル化に貢献しようとする意気込みにあふれた学生の受験を歓迎します。

コース公式ブログ

進路実績

(前期課程) 兵庫県立高校教諭(2)、滋賀県立高校教諭、私立開明中高教諭、私立神戸女学院中高等学校教諭、尼崎市立中学校教諭、神戸市立中学校教諭、(株)矢崎産業、(株)Sony Computer Entertainment、神戸大学附属中等教育学校、他

(後期課程) 近畿大学准教授、環太平洋大学准教授、大阪大学専任講師、広島国際大学専任講師、関西外国語大学非常勤講師、関西大学非常勤講師、流通科学大学非常勤講師、中南財経政法大学講師、山東科技大学講師、他

在籍学生数

(前期課程) 1年3名(内キャリアアップ型2名) 2年4名(内キャリアアップ型2名)

(後期課程) 1年1名 2年2名 3年0名

論文テーマ例

(前期課程) 
英語強意詞、英語コロケーション、英語使役動詞、英語起動表現、ドイツ語自他動詞、日本語カタカナ語、シャドーイング指導、フォニックス指導、Focuson-form発音指導、バイリンガル者会話分析、英語前置詞用法、他

(後期課程) 
会話における修復行為、中日同形方位成分、会話インタラクション分析、日本語複合動詞、英語基本動詞用法、第2言語使用アイデンティティ、小学校英語指導者資質診断テスト開発、他

所属教員の紹介

石川 慎一郎 教授 外国語教育内容論特殊講義II ほか
応用言語学の観点から、コーパス(大規模テキストデータベース)を使った英語・日本語の言語分析・教材分析・教材開発・語彙習得などを主として研究しています。あわせて、語彙処理の心理的機制や、小中高大での言語教育のカリキュラム設計、教授法などにも関心を持っています。科学的な視点から言語や教育の問題を考えてみたい学生を歓迎します。

柏木 治美 教授 外国語教育工学論特殊講義ほか
情報通信技術の学習環境への応用に関する研究を行っています。最近は、3DのCGキャラクタを取り入れ,ユーザとCGキャラクタとの双方向性・対話性を実現するシステムの検討を行い,学習や学習意欲の継続との関係を探りたいと考えています。新しい技術を取り入れた学習環境の開発研究に興味を持つ学生を歓迎します。

木原 恵美子 准教授 外国語教授学習論特殊講義ほか
認知文法の観点から英語の文法現象の記述を行いながら、文法の学習メカニズムの分析や教授法の開発に関する研究も行っています。特に、「構文」という概念を用いて、英語母語話者や英語学習者が使用する構文を分析することによって、認知文法や構文文法の実用性と限界を検証しています。文法の分析や記述に興味がある学生を歓迎します。

Tim Greer 教授 第二言語運用論特殊講義ほか
言語表現とそれを用いる人との関係に関心を持っています。会話分析を始めとし、質的調査方法を使用し、第二言語語用論(L2 Pragmatics)を専門にしています。二ヶ国語で行う会話、オーラル英語能力試験での会話、日常会話など様々な場面で「言葉を使った社会的行為」を研究しています。また、言語教育、教材分析、アイデンティティ構成、バイリンガリズム、などの研究も行っています。

朱 春躍 教授 言語対照応用論特殊講義II ほか
音声学、外国語教育。言語音声を生理学的、物理的、心理的諸側面から研究し、外国語の発音をいかに効率よく教えるかを検討しています。言語音声や外国語の発音・発音指導に興味を持つ学生を歓迎します。

西出 佳代 講師 言語対照応用論特殊講義I ほか(2015年10月着任予定)

大和 知史 准教授 外国語教育内容論特殊講義I ほか
英語教育の中でも、英語発音指導(特にイントネーションなどのプロソディ)を主な研究テーマとし、学習者の英語音声の使用実態の把握、指導への応用などを主に研究しています。また、語用論的能力育成のための指導に関連した理論的背景の精繊化や指導法にも関心があります。

 

所属学生からのメッセージ

澁谷恵美さん(博士課程1年・キャリアアッププログラム)
神戸松蔭女子学院大学英米文学科情報言語コース卒業
ベルギールーヴァン・カトリック大学マルチリンガルビジネスコミュニケーション科Postgraduate Degree
研究テーマは「3DCGを取り入れたコンテンツ作成支援に関する研究」

コンテンツ_澁谷さん★メッセージ
 私は、日本とベルギーでの社会人の経験を通して外国語教育への関心が強くなり、専門的に大学院で学びたいと考えるようになりました。そこで、まず科目等履修生となり、大学院がどのような場所であるのかを知ると同時に、様々な視点から外国語教育に携わるコースの先生方の専門分野について理解することができました。その後、研究生を経て、先生の専門のテーマと自身の研究テーマが明確になりました。現在、大学院生となり、ITやコンピュータなどの新しい技術の教育への応用に関わるコンテンツの作成支援の研究を進めながら、様々な角度から外国語教育について学び、時代に適応した外国語教育に対して考え続けたいと考えています。自身の研究テーマを事前に深めておけば、充実した研究ができる修士課程だと思います。

李楓 さん(博士課程後期3年)
西安交通大学大学院外国語研究科博士課程前期課程修了
研究テーマは「現代日本語漢語サ変動詞の構造と用法:コーパスの日本語教育への応用」

コンテンツ_李楓さん★メッセージ
 中国人日本語学習者は,中国語によく似た漢字や漢語が多く存在するため,日本語の習得は簡単であろうと考えることが一般的ですが,中日の漢語は,表面的な類似性とは異なり,意味・機能・言語使用域などで多くの違いが存在しています。漢語は,独立した名詞となるほか,「する」と結合して漢語サ変動詞としても使用されます。日本語漢語サ変動詞は,中国語と共通する漢語の性質と,日本語の独自の特性と兼ね備えたものとして,言語学的にも興味深い振る舞いを見せます。また,教育的観点から見ると,中国人日本語学習者の多くが,漢語サ変動詞の正確な運用に問題を抱えています。この状況をふまえ,私は,コーパス言語学という言語研究の手法を導入し,日本語漢語サ変動詞の振る舞いの特定,及び中国人日本語学習者に対する漢語サ変動詞の効果的な指導法について,多角的に研究を行っています。本コースでは,指導教員による指導だけでなく,集団指導演習で様々な分野が専門の諸先生方の指導を直接仰ぐことができ,より幅広い視野での研究が望めます。もちろん,異文化を体験することもでき,生涯かけがえのない経験になると思います。魅力的な外国語教育コンテンツ論コースで充実した研究生活を過ごしてはいかがでしょうか?

 

修了学生からのメッセージ

刺賀 繭理さん (2012年度博士前期課程修了)

大阪外国語大学(現・大阪大学)国際文化学科卒業。神戸大学国際文化学研究科博士前期課程修了。
研究テーマは「英語と日本語の二か国語会話における修復」。
現在、神戸女学院中高等部英語科教諭。

刺賀 繭理★メッセージ
大学院での研究を志望した理由は二つあります。一つ目の理由として、すでに非常勤講師として働いていた私は、よりわかりやすく興味深い授業を行うためには言語や言語教育についてもっと学ばなければいけないと日々の授業で痛感したからです。もう一つ受験の動機となったのは個人的な探究心でした。幼い時、海外で過ごした経験を持つ私はいわゆる帰国子女で、自分の言語使用、特に会話の中で日本語と英語を両方使用する現象に興味を持っていました。なぜ自分はこんな風に話すのだろうという素朴な疑問に答える糸口になったのが、外国語教育コンテンツ論コースでした。前期課程の間にコード・スイッチングや会話分析という興味深いテーマを見つけることが出来、先生方の指導の下、論文の執筆にあたりました。それだけではなく、外国語教育に関する様々な分野の授業を受講することで、学んだことを自らの授業にすぐさま反映することが出来ました。現在では、中学校・高校での英語科専任教諭として働いています。外国語教育コンテンツ論コースでは、私のように働きながら研究をする院生や、各国からの留学生、様々なテーマの研究をする学生に出会うことが出来ます。大学院での学びは、外国語教育という大きなテーマに様々な角度から接する良い機会だと私は思います。専門的な研究をすることが出来、さらには幅広い知識にも触れ合うことが出来る。それが本コースの一番の魅力だと私は思っています。

岡田 悠佑さん(2011年度博士後期課程修了)

立命館大学文学部卒業。立命館大学言語教育情報研究科修士課程、ハワイ大学マノア校第二言語研究科修士課程修了、神戸大学国際文化学研究科博士後期課程修了。
研究テーマは第2言語会話分析。
現在、大阪大学大学院言語文化研究科講師。

岡田 悠佑★メッセージ
私はハワイ大学マノア校の修士課程を修了後、立命館大学で嘱託講師をしていましたが、会話分析による第二言語会話の研究を続けたいと思い、当該分野で国際的に著名なTim Greer 先生の指導を仰ぐべく、神戸大学国際文化学研究科に入学しました。英語の授業、英語会話能力テスト、国際会議といった第二言語会話における定式化の研究で博士号を取得し、現在は大阪大学大学院言語文化研究科に勤務しています。院生時代の思い出としては何と言っても集団指導演習です。コースに所属する全ての先生、院生の前で研究の進捗具合を発表する演習で様々な意見をいただき、博士論文により広い視野をもたせることができました。また、この1 年に5 回開催される集団指導演習を目指して研究を進めることで、博士論文を3 年で完成させることができました。この集団指導演習に見られるように、神戸大学国際文化学研究科外国語教育コンテンツ論コースの特徴は、先生方そして留学生を含む院生の持つ多様性が「機能的に」融合されているところです。外国語教育への高い意欲と分析に着手できるデータを持って入学すれば、実りの多い研究ができる博士課程だと思います。

 

qa

英語以外の外国語教育を学ぶことはできますか?

本コースでは、英語・日本語・中国語・ドイツ語の研究指導も行っており、所属学生にもこれらの諸言語を専攻している方がいます。多言語の視点から外国語教育を考えるのが本コースの特徴です。

英語教員免許を取得できますか?

学部時代に一種免許状を取得している場合は、博士前期課程で指定された科目の単位を取得することによって専修免許状を取得することができます。また、一種免許状を取得していない場合は、大学院に在籍しながら学部科目を並行履修して、教員免許(一種免許状)取得に必要な科目の単位を一定数の範囲で補うことが可能です。

学部時代の専門が語学や教育学ではないのですが、本コースで研究していけるでしょうか?

これまでに在籍していた院生の学部時代の専門は、言語学・言語教育学のみならず、文学・法学・経済学などさまざまです。語学力と語学教育への熱意があれば、大学院において新たに外国語教育の研究を始めることも十分に可能です。本コースでは、導入的な講義を体系的に開講しているので、これらの履修により、2年間で修士レベルの知識や分析スキルを身につけ、さらに、後期課程で研究を深めることができます。

留学経験者は多いのでしょうか?

これまでの在籍者は、米国、ドイツ、豪州などで留学を経験していました。韓国で実地調査を行った学生もいました。院生が留学しても、指導教員とメールなどで頻繁に連絡をとりあうため、きめ細やかな指導とサポート体制が整っています。在籍者のなかには留学生もおり、国際色豊かなコースです。

修了後の進路状況はどうですか?

教育職への就職が多くなっています。前期課程修了者は、全国の公私立の高校・中学校の英語教諭として活躍しており、後期課程修了者は国公私立大学講師などに就職しています。この他にも、民間企業の海外部門で活躍する修了生もいます。また、高校や大学で教員として勤務しながら本コースで研究活動に取り組んでいる学生もいます。

このページの上部へ