15の多様な専門コース

グローバル文化専攻・外国語教育系 外国語教育コンテンツ論コース

最終更新日 2017年8月22日

コースの紹介

 外国語教育コンテンツ論コースでは、新時代の外国語教育の創造に主体的に参画できる人材育成を目指し、外国語教育の内容・方法・展開に関わる研究を総合的に行っています。本コースでは、言語学(コーパス言語学・認知言語学・語用論・音声学・文法学)と教育学(授業論・指導法・教育工学)の学問的基盤をふまえつつ、特に、教育現場での実践的展開を見据えた研究に精力的に取り組んでいます。本コースにおいて、外国語教育を取り巻く諸問題に多面的にアプローチする能力を付けた修了生は、国内外の教育機関等で活躍しています。本コースでは、学部時代の専門にかかわらず、外国語教育を通して社会のグローバル化に貢献しようとする意気込みにあふれた学生の受験を歓迎します。

コース公式ブログ

 
進路実績

(前期課程) 兵庫県立大学助教,神戸大学附属中等教育学校教諭,兵庫県立高校教諭(2),滋賀県立高校教諭,神戸女学院中高等部教諭,沖縄県立高校講師,西大和学園中高講師,尼崎市立中学校教諭,神戸市立中学校教諭,(株)矢崎産業,(株)SONY Computer Entertainment, Taiwan, (株)三菱電機,(株)白鳩(インターネット通販),(株)日立ソリューション,(株)富士通 他。

(後期課程) 近畿大学准教授,環太平洋大学教授,大阪大学准教授,広島国際大学専任講師,関西外国語大学非常勤講師,関西大学非常勤講師,流通科学大学非常勤講師,中南財経政法大学講師,山東科技大学講師,神戸大学非常勤講師 他

在籍学生数

(前期課程) 12名

(後期課程) 3名

論文テーマ例

(前期課程) 
英語系:「英語学習者コーパスを用いた前置詞使用傾向分析」「英語教育のための洋楽データベース構築と音素調査」「英語学習者の進行相の学習支援システム開発」「L2英作文におけるフレーズ使用傾向」「3Dキャラクタを用いたコミュニケーション活動環境の開発」「英語のヘッジ表現への意識を高めるウェブアプリの開発」 日本語系:「日本語学習者の発話における動詞活用形アクセント」「福州方言話者の日本語ナ、ラ、タ、ダ行音混同」「イ形容詞の音声的バリエーションとその表現効果」「日本語フォーカス発話と中立発話の韻律的特徴」

(後期課程) 
「中国語非軽声2音節語の音響的特徴」「幼児英語教育における教室内会話の分析」「現代日本語におけるオノマトペの語彙構造」

所属教員の紹介

石川 慎一郎 教授 外国語教育内容論特殊講義II ほか
応用言語学の観点から、コーパス(大規模テキストデータベース)を使った英語・日本語の言語分析・教材分析・教材開発・語彙習得などを主として研究しています。あわせて、語彙処理の心理的機制や、小中高大での言語教育のカリキュラム設計、教授法などにも関心を持っています。科学的な視点から言語や教育の問題を考えてみたい学生を歓迎します。

柏木 治美 教授 外国語教育工学論特殊講義ほか
情報通信技術の学習環境への応用に関する研究を行っています。最近は、3DのCGキャラクタを取り入れ,ユーザとCGキャラクタとの双方向性・対話性を実現するシステムの検討を行い,学習や学習意欲の継続との関係を探りたいと考えています。新しい技術を取り入れた学習環境の開発研究に興味を持つ学生を歓迎します。

木原 恵美子 准教授 外国語教授学習論特殊講義ほか
認知文法の観点から英語の文法現象の記述を行いながら、文法の学習メカニズムの分析や教授法の開発に関する研究も行っています。特に、「構文」という概念を用いて、英語母語話者や英語学習者が使用する構文を分析することによって、認知文法や構文文法の実用性と限界を検証しています。文法の分析や記述に興味がある学生を歓迎します。

Tim Greer 教授 第二言語運用論特殊講義ほか
言語表現とそれを用いる人との関係に関心を持っています。会話分析を始めとし、質的調査方法を使用し、第二言語語用論(L2 Pragmatics)を専門にしています。二ヶ国語で行う会話、オーラル英語能力試験での会話、日常会話など様々な場面で「言葉を使った社会的行為」を研究しています。また、言語教育、教材分析、アイデンティティ構成、バイリンガリズム、などの研究も行っています。

朱 春躍 教授 言語対照応用論特殊講義II ほか
言語音声を生理学的、物理的、心理的諸側面から研究し、外国語の発音をいかに効率よく教えるかを検討しています。調音的にはMRI 動画の分析、音響的には音声のスペクトルやピッチ等の分析をしています。言語音声や外国語の発音・発音指導に興味を持つ学生を歓迎します。

西出 佳代 講師 言語対象応用論特殊講義 I ほか
1984 年にドイツ語の一方言からルクセンブルク大公国の「国語」へと昇格を果たしたルクセンブル ク語の体系記述を目指し、研究を進めています。ゲルマン語圏の西端でロマンス語圏と接するルクセ ンブルクは、人口 55 万人ほどの小国ですが、だからこそ言語接触や多言語併用、言語とアイデンティティや多言語教育の問題など、様々な研究の可能性を示唆してくれる興味深い国の一つと言えます。

大和 知史 准教授 外国語教育内容論特殊講義I ほか
英語教育の中でも、英語発音指導(特にイントネーションなどのプロソディ)を主な研究テーマとし、学習者の英語音声の使用実態の把握、指導への応用などを主に研究しています。また、語用論的能力育成のための指導に関連した理論的背景の精繊化や指導法にも関心があります。

 

所属学生からのメッセージ

中西 淳さん(博士前期課程2年・研究者養成型プログラム)
甲南大学文学部英語英米文学科卒業
研究テーマは「学習者コーパス分析による日本人学習者の前置詞使用傾向の解明」

★メッセージ
 私は研究者を目指し、本コースに入学しました。自身の研究を進めるにあたって、毎週のゼミと隔月の集団指導が大きな助けになっています。まず、毎週のゼミでは、研究の進捗状況を指導教員と他のゼミ生に報告し、専門的な知識や今後の方向性についてアドバイスいただけます。ゼミに向けてコツコツと研究を進めることができ、その結果を学会で発表したり執筆したりする機会も多く与えてもらえます。また、集団指導では、自身の研究の成果をコース内の先生や院生に発表し、様々な分野の方からアドバイスいただけます。自分の研究を様々な人に聞いてもらう機会であり、他の院生の発表を聞いて学ぶ機会にもなります。さらに、様々な分野で活躍されている先生方から指導していただくことで、より多角的に自分の研究を進めることができます。研究に対するサポートがとても充実しており、大学院でみっちり自分の研究に専念したいという人には最適なコースだと思います。

 

渡邉 綾さん(博士課程後期2年)
上智大学外国語学部英語学科卒業。ハワイ大学マノア校第二言語研究科博士前期課程修了。  
研究テーマは第二言語教室会話分析。

★メッセージ
 学部時代に応用言語学や第二言語習得といった分野の基礎を学び、修士課程では質的研究法である会話分析を用いて研究を行いました。修士課程修了後日本に戻り英語教育に携わるうちに、働きながら研究活動を続けたいと考え、会話分析がご専門のグリア先生の指導を受けるべく本コースに入学しました。現在、教室会話における日本人英語学習者の第二言語使用の発達をテーマに研究を進めています。第二言語学習者の教室における言語・非言語行動を縦断的に観察し分析することで、どのようにして相互行為能力が変化していくのかを明らかにすることが目的です。本コースでは、自身の研究テーマをより専門的に深め、外国語教育に関する幅広い分野の研究者をオーディエンスとして想定した研究を続けることが可能です。集団指導演習では、指導教員だけでなくコース内の様々なご専門を持つ先生方にご指導いただけることも魅力の一つです。広い視点を持ちつつ専門性を深めたい方に最適のコースだと思います。

 

 

 

修了学生からのメッセージ

緒方 高士さん (2014 年度博士前期課程修了)

神戸学院大学人文学部卒業。神戸大学国際文化学研究科博士前期課程修了。研究テーマは「コーパスを用いた英語前置詞の用法解明と教育システムの開発:英語教育への新しいアプローチ」。現在,神戸大学附属中等教育学校英語科教諭。

★メッセージ
  私はすでに英語科教諭として教壇に立っていたのですが、日々の授業をどのように効果的にわかりやすく展開するか、これまでの経験に頼らずに、いかに真正性の高い旬の教材を用いて生徒に生きた英語に触れてもらうか、ということを模索する日々を送っていました。このまま平穏無事にすごしていては、質の高い教育を提供することができないのではないか、と思っていたところに、本学外国語教育コンテンツ論への進学の機会を頂きました。本コースでは、コーパス言語学・音声学・統計学・ICT 教育等、さまざまな分野の学びを深めることができました。国際コーパス学会等、全国各地で行われる学会で発表させて頂き、ご指導頂いたことも、大きな財産となっています。コースの院生同士の協力、また、先生方の優しく、時に厳しい丁寧なご指導を頂くことにより、納得のいく修士論文をまとめることができ、幸せな時間を過ごせたと心から思います。現在、私は神戸大学附属中等教育学校に勤務しています。本学で学んだことを糧に、英語教育に携わっていきたいと思います。

 

岡田 悠佑さん(2011年度博士後期課程修了)

立命館大学文学部卒業。立命館大学言語教育情報研究科修士課程、ハワイ大学マノア校第二言語研究科修士課程修了、神戸大学国際文化学研究科博士後期課程修了。
研究テーマは第2言語会話分析。
現在、大阪大学大学院言語文化研究科講師。

★メッセージ
   私はハワイ大学マノア校の修士課程を修了後、立命館大学で嘱託講師をしていましたが、会話分析による第二言語会話の研究を続けたいと思い、当該分野で国際的に著名なTim Greer 先生の指導を仰ぐべく、神戸大学国際文化学研究科に入学しました。英語の授業、英語会話能力テスト、国際会議といった第二言語会話における定式化の研究で博士号を取得し、現在は大阪大学大学院言語文化研究科に勤務しています。院生時代の思い出としては何と言っても集団指導演習です。コースに所属する全ての先生、院生の前で研究の進捗具合を発表する演習で様々な意見をいただき、博士論文により広い視野をもたせることができました。また、この1 年に5 回開催される集団指導演習を目指して研究を進めることで、博士論文を3 年で完成させることができました。この集団指導演習に見られるように、神戸大学国際文化学研究科外国語教育コンテンツ論コースの特徴は、先生方そして留学生を含む院生の持つ多様性が「機能的に」融合されているところです。外国語教育への高い意欲と分析に着手できるデータを持って入学すれば、実りの多い研究ができる博士課程だと思います。

 

 

qa

英語以外の外国語教育を学ぶことはできますか?

本コースでは、英語・日本語・中国語・ドイツ語の研究指導も行っており、所属学生にもこれらの諸言語を専攻している方がいます。多言語の視点から外国語教育を考えるのが本コースの特徴です。

英語教員免許を取得できますか?

学部時代に一種免許状を取得している場合は、博士前期課程で指定された科目の単位を取得することによって専修免許状を取得することができます。また、一種免許状を取得していない場合は、大学院に在籍しながら学部科目を並行履修して、教員免許(一種免許状)取得に必要な科目の単位を一定数の範囲で補うことが可能です。

学部時代の専門が語学や教育学ではないのですが、本コースで研究していけるでしょうか?

これまでに在籍していた院生の学部時代の専門は、言語学・言語教育学のみならず、文学・法学・経済学などさまざまです。語学力と語学教育への熱意があれば、大学院において新たに外国語教育の研究を始めることも十分に可能です。本コースでは、導入的な講義を体系的に開講しているので、これらの履修により、2年間で修士レベルの知識や分析スキルを身につけ、さらに、後期課程で研究を深めることができます。

留学経験者は多いのでしょうか?

これまでの在籍者は、米国、ドイツ、豪州などで留学を経験していました。韓国で実地調査を行った学生もいました。院生が留学しても、指導教員とメールなどで頻繁に連絡をとりあうため、きめ細やかな指導とサポート体制が整っています。在籍者のなかには留学生もおり、国際色豊かなコースです。

修了後の進路状況はどうですか?

教育職への就職が多くなっています。前期課程修了者は、全国の公私立の高校・中学校の英語教諭として活躍しており、後期課程修了者は国公私立大学講師などに就職しています。この他にも、民間企業の海外部門で活躍する修了生もいます。また、高校や大学で教員として勤務しながら本コースで研究活動に取り組んでいる学生もいます。

このページの上部へ