お知らせ

令和3年度の研究科の授業方針等について

2021/02/05

国際文化学研究科の皆さん

 

令和3年4月以降の授業等について、下記の通りお知らせします。

 

1.対面を中心として授業を実施します。

 

2.ただし、一部の授業は教育上の効果等に鑑み、遠隔(対面との併用を含む。)で行う予定です。どの科目が遠隔となるかは2月下旬にお知らせします。

 

3.個々の科目の授業実施方法はシラバスに明記します。

 

4.対面で授業が行われたとしても、コロナウイルスの感染状況が悪化した際は、遠隔授業に切り替える場合があります。その場合は、速やかにホームページ、BEEF等でお知らせします。

 

5.対面での授業に際して、感染状況により移動が制限されている、日本に渡航できない、基礎疾患があるなど、特別な事情があるときは教務学生係に申し出てください。履修上、不利益が生じないよう配慮します。ただし、遠隔地に居住することや漠然と通学に不安を感じることは、配慮する事由とはしません。

 

6.研究科としてアクセスポイントを用意する予定です。詳細は追ってお知らせします。

 

7.院生研究室の使用については、当分、現状通りとします。

(1)各部屋において「3つの密」が生じないよう、利用時間等を計画して使用してください。

(2)入退室時に、学籍番号及び日時を記録し、保管してください。コロナウイルス感染の疑いが生じた場合は提出していただきます。

(3)院生研究室内での食事は禁止します。

 

令和3年2月5日

                                                      研究科長

                              西 谷 拓 哉

このページの上部へ