国境を越える

留学案内 28+17の協定校

国際文化学部の国際交流

国際文化学部は神戸大学で最も国際交流が盛んな学部です。毎年多くの教員が学術調査や研究発表、あるいは国際会議のために海外に出かけているだけでなく、多数の海外の大学の教員や研究者が国際文化学部を訪れて知的交流を活発に行っています。また、学生の国際交流も盛んで、学部独自に海外の大学と学部間協定を結び、学生の交換留学プログラムの充実を図っています。

 

28の協定校

2012年4月現在、国際文化学部が直接協定を結び学生の交換を行っている海外の大学(協定校)は16ヶ国に渡り、全部で28大学あります。
また、国際文化部の協定校と協定校に派遣する学生の定員は下の表の通りです。この他に国際文化学部の学生が応募できる全学協定の大学が17校あります。

国名大学名派遣定員備考
中国中国人民大学2*
浙江大学2*
華東師範大学3*(発達科学部で募集)
北京師範大学2*(発達科学部で募集)
香港大学1*(文学部で募集)
北京外国語大学3*(文学部で募集)
大韓民国釜山大学2 
済州大学2 
イギリスバーミンガム大学2 
マンチェスター大学3 
シェフィールド大学2 
アメリカテネシー大学2*
ジョージア大学2 
ユタ州立大学2 
メリーランド大学2 
オーストラリアカーティン大学2 
フランスグルノーブル第3大学3*
レンヌ第1大学2*
ベルギールーヴァン・カトリック大学2*(経済学部で募集)
ドイツハンブルク大学3 
デンマークオーフス大学5*(発達科学部で募集)
イタリアポローニャ大学2*
ポーランドワルシャワ大学2*
ルーマニアバベシュ・ボヨイ大学2 
ロシアモスクワ教育大学2*
ベトナムベトナム国家社会人文科学大学2*
フィリピンアテネオ・デ・マニラ大学2*
タイタマサート大学2*
(*印は大学院との共同募集)

 

国名大学名数名
オーストラリアクイーンスランド大学3
西オーストラリア大学2
イギリスロンドン大学東洋アフリ力研究学院3
フランスパリ第2大学5
パリ第7大学3
パリ第10大学3
オーストリアグラーツ大学3
チェコカレル大学3
オランダライデン大学2
イタリアヴェネツア大学3
中国武漢大学2
精華大学2
上海交通大学2
台湾国立台湾大学2
大韓民国ソウル大学2
アメリカピッツバーク大学2
ワシントン大学5

 

協定による留学制度

協定による留学制度の特徴は次の3点です。

(1)留学先大学の授業料が無料です(ただし神戸大学に授業料を支払う必要があります)。
(2)留学先で取得した授業の単位が神戸大学の単位として認定されます。
(3)留学中も神戸大学在籍中と見なされるので、計画的に授業をとれば、1年間の留学をふくめて4年問で卒業することができます。

(1)の留学先の授業料はその国の大学制度や物価によりさまざまで、免除は大きなメリットになる場合とならない場合がありますが、(2)、(3)の利点は協定による留学ならではのものと言えます。交換留学は外国語の習得だけではなく文化を深く学ぶ機会となります。1年生の後期から応募することができます。

 

留学のための条件

派遣学生の選考は面接で行われます。選考のポイントは次の4点です。

(1)筆記試験と語学力
(2)応募の動機
(3)適性(1年の外国生活に耐えられるか)
(4)専門性(留学先でやりたいことがはっきりしているか)。

これに加えて、英語圏に留学する場合は、ほとんどの大学が一定以上のTOEFLまたはIELTSの成績を要求していることに注意が必要です。留学先での生活や学習に十分な語学力と行動力を備えていることが求められます。

 

奨学金

原則として授業料以外は私費ですが、日本学生支援機構(JASSO)からの奨学金に応募することができます。このほかに神戸大学からの留学補助制度もあります。これは渡航費と滞在費の一部を補助するものです(最高額40万円)。ただし、外国語能力について、派遣先大学の語学要件を満たしていることが支給の条件となります(非英語圏に留学する者は、その国の公用語の能力が十分にあることが要求されます)。毎年神戸大学全体で15名程度に支給されています。

 

帰国後の就職

2年生からの留学は就職活動に支障ありません。3年生からの留学の場合、帰国は通常4年生の6月頃になるので、就職活動を始める時期としては少々が遅いかもしれません。しかし今までの留学経験者はその経験を生かして、むしろ留学未経験者より有利な立場で就職活動を行っている例が多く見られます。留学は就職にプラスになることはあっても、マイナスになることはありません。

 

国際文化学部への留学生

国際文化学部は協定校に留学生を派遣するだけでなく、年間40~50名の留学生を協定校から受け入れています。国際文化学部では留学生と一緒に授業を受けることができるので、留学前から国際交流を経験することができます。

このページの上部へ